ロゴ

失敗しない家事代行依頼の秘訣~トラブルになる前に確認が大切~

HOME>>依頼前にチェックしておきたい家事代行業者の事情

家事代行で起こりやすいトラブルと対処法

家事代行で起こりやすいトラブルの一つが物損事故です。特に高価なものの場合は、不注意では済まされません。業者によっては、しっかり物損事故に備えて保険に加入しているところもありますので、依頼時に確認しておくと安心です。

家政婦と家事代行の違いについて

個人契約の家政婦と業者との契約の家事代行

家政婦の場合は、家政婦自身と個人で契約するという形態をとることも多いですが、家事代行をお願いする場合は、スタッフと個人契約することはなく、業者との契約となります。そのため、依頼内容の変更やトラブル時の対応は業者を通すという形になります。

トータル家事の家政婦とピンポイント家事の家事代行

家政婦をお願いする場合は、家のことをトータルして様々な内容の家事を行ってもらうことが多いですが、家事代行は、時間内で料理や掃除といったピンポイントでお願いした内容のものを行ってもらいます。

依頼前にチェックしておきたい家事代行業者の事情

女性

依頼する時に必要な費用

家事代行にかかる費用は、基本料金として、作業時間×一時間当たりの料金となってきます。業者によって様々ですが、低価格帯ですと、1時間およそ2000円~3000円といった価格設定のところが多いです。また、近年は高クオリティーの家事を求める傾向もあり、一時間当たり5000円以上のプランも人気を集めています。基本の料金に加え、スタッフの交通費や、深夜・早朝の場合は割増料金、不在時での依頼の場合は鍵の管理料などがかかる場合もあります。

掃除する人

家事代行業者が行なっているサービス内容

家事代行の行っているサービスは、基本的に特殊な資格や道具などを必要としない、日常的な家事全般です。やはり、炊事・洗濯・掃除といったサービスが主となっています。そのほかに、子どもの送り迎えや、高齢の方の通院への付き添いなどを行う場合もあります。依頼者が不在時の来訪や電話の対応はトラブルを避けるため、NGとする業者もありますが、事前に来ることが分かっている配達物の受け取りなどはお願いすれば対応してくれることも多いです。